第1回、第2回と埼玉県秩父市吉田元気村体育館をお借りして開催しました。
お陰様で大会としてのシステムもほぼ完成することができました。
そこでRCカーラリーの楽しさを埼玉県外にも広めていければと考え、他域の開催も視野に入れ検討してきました。
しかしながら、伝(つて)が無くなかなかよい会場がみつかりません。
そこで、第3回 RCカー・ラリーフェスティバルの会場を募集することにしました。
会場提供ができる方がいらっしゃいましたらぜひ公式ホームページの【お問い合わせ】のページからご連絡ください。
ご連絡の締め切りですが、平成30年9月末日としますが、それ以降でもご連絡いただければ検討いたします。
【会場の条件】
1 駐車場が確保できること(40台以上)
2 パソコン、音響設備の電源が確保できること(発電機も可)
3 会場にトイレがあること
4 ラリーコース(350m以上)が設置できること
5 会場設営・運営・片付けにお手伝いいただける方がいること(最低5~6人)
【その他】
具体的には工場や倉庫の駐車場、雑木林、多目的運動場だとありがたいです。
個人所有の山林でも山道(1Km以内)と上記条件があれば会場としてもありかと思っています。
駐車場等でラインパウダーで線を引いた場合、雨が降るまでは線が消えませんので予めご承知おきください。
実行委員としての運営予算は1~3万円程度です。(会場借り上げ費用を含む。不足する場合は会場提供者側での負担が必要となる場合があります)
ラリー自体の運営は実行委委員会が行いますが、開会式・閉会式の司会、競技中のMCは会場提供者側でお願いします。
実行委員会メンバーの旅費・準備等のための宿泊費は不要です。(こちらで持ちます。)
実行委員会が担う業務は、開催告知、メンバー募集、スタートとゴールゲートの設置、走行順の決定と印刷、タイム計測と集計及び印刷、簡易放送設備の提供、バナーやギミックの貸出等です。
細かいところは相談の上決定とさせていただきます。
ご連絡いただいても必ず実施できると限らないこと予めご承知おきください。

第2回 RCカー・ラリーフェスティバル(略称:第2回RCC・RF)開催決定!!※終了しました。

第2回RCカー・ラリーフェスティバルを2018年5月27日(日)に埼玉県秩父市にある「吉田元気村体育館」で開催いたします。

さくら商店 様
西暦2022年創業予定の未来を拓く日本の企業。
RCカー・ラリーフェスティバルでは、資金援助と協賛品提供をいただいております。

RCカー・ラリーフェスティバルのコンセプト

1「プロポを手に持ち、走るRCカーを追いかけるスタイルのラリー」
2「そこまでやるかというこだわりとそこはゆるいのかというユーモアセンス」
3「ようこそ! レース初参加の方  ようこそ! 楽しく極めてみたい方」
※第2回から「楽しく極めたい方」を追記しました。

RCカー・ラリーフェスティバルについて

この大会は、プロポを手に持ち、走るRCカー(ラジコン)を追いかけるスタイルのラリーレースです。
様々なジャンルのRCカーレースが日本各地で盛んに行われていいますが、その中でも「プロポを手に持ち、走るRCカーを追いかけるスタイルのラリーレース」は、超マイナーなジャンルであることは間違いありません。
この「プロポを手に持ち、走るRCカー(ラジコン)を追いかけるスタイルのラリーレース」として2017年11月に秩父市上吉田にある吉田元気村体育館をお借りして第1回 RCカー・ラリーフェスティバル(略称:RCC・RF)を開催いたしました。
いくつか課題はありましたが、この規模では日本初の試みとして充実した大会となりました。
参加した方、ラジコン雑誌をご覧になった方から、ぜひ第2回の開催をという声もいただきました。
そこで・・・。
2018年5月27日(日)に第1回と同じ会場である「吉田元気村体育館」で第2回RCカー・ラリーフェスティバルを開催することにいたしました。
初めてラジコンレースに出る方も楽しめる大会です。
また、RCカーラリーを楽しく極めて見たい方も楽しめるような工夫も今回積極的に取り入れていくことにします。
皆様の参加をお待ちしています。
※下の動画をご覧いただければ大会の様子がご理解いただけるかと思います。また、動画サイトには、海外のRCカーのラリーレースの様子等が数多くアップされています。

powered by crayon(クレヨン)